キーワードから検索

トラブルを回避し、「相続」が「争続」にならないように
今、できることがあります。

例えば、財産がお金だけではなく、自宅などの不動産がある場合には、簡単に分けることができません。そこに、遺された家族それぞれの事情や経緯がからむと、思ってもいなかったトラブルにつながるケースは意外に身近なことです。


大切なご家族の幸せのために、トラブルを回避し、「相続」が「争続」になることを防ぐために力を発揮するのが、任意後見契約や遺言などの公正証書による事前対策です。


私たち「日本相続知財センター札幌」は、お客さまの望む相続の実現に向けて、元気な今のうちからできる具体的な対策やプランについてサポートしてまいります。

 

 

相続対策

「うちはみんな仲がいいし、相続する財産も少ないから、相続で揉めることなんて心配ない」と思っていませんか?

一般の家庭でも、相続が起こると様々な原因でトラブルに発展することがあります。

たとえば、

 

  • 財産がお金だけではなく、自宅などの不動産がある場合には、簡単に分けることが出来ません。

 

  • 介護や生前贈与があると、法定相続分に分けるということも行かなくなることもあります。

 

お互いを思いやることで回避できることかもしれませんが、それぞれの事情や経緯で「争族」につながることもあります。相続による揉め事から、大切な家族の絆が失われないように、事前に相続について考えてみることも大切です。

家族との話し合い

円満に円滑に相続を迎えるには家族との話し合いが一番大切になります。
相続において、実際に苦労することになる、相続を受ける立場になって考えることで、財産を遺す人にとっても最善の対策が立てることが出来ます。
相続は残す人と受ける人の様々なことが関係します。しかし、相続が発生してからでは一方の当事者が亡くなってしまいますので、生前から話し合い、出来れば文章で家族へのメッセージを残すことが最善の対策になります。

家族との話し合い

話し合うこと<財産を遺す人を中心とした、家族の生活や現在の状況、将来への考え方>

 

  • 子どもの頃の思い出や家族との思い出など、昔話

 

  • 家族同士の現在の状況報告

 

  • 家族にどんな生活をして欲しいか

 

  • 自身の最終ステージ設計

家族へのメッセージ

エンディング・ノート

家族やお世話になっている人たちを愛し大切にするあなたは、ご自身の人生も大切にし、最後のときまで「自分らしく生き」「自分らしく最後を迎えたい」と望んでいることでしょう。
「その日」を迎えたときに、愛する家族や親しい友人達に負担をかけず、できるだけ戸惑いが少なくなるようにしたいとも・・・

 

大切な人を亡くしたとき、遺された人たちに深い喪失感をもたらします。
「本当に望んでいたことはなんだろう・・・」
「出来る限りのことをしてあがられたのだろうか・・・」
「あれもしてあげればよかった・・・」
など、いつまでも気になり、ストレスとなります。

 

遺された人たちへ、感謝の言葉や自信の意志をメッセージとして伝えることが出来れば、慰めにもなり、故人の意志に沿ったエンディングが出来たという充実感と安堵感が出来ます。

 

これから定年を迎えられる世代の方も、今も充実した第二の人生を過ごされている方も、「自分らしく生き」「自分らしく最後を迎える」準備として、すばらしい人生の集大成を自分で演出する為にも、ご自身の意志を明確に「エンディング・ノート」にメッセージを残してはいかがでしょうか。