キーワードから検索

事業承継は経営者としての、最後の大きな仕事です。
自らが築いた事業を、誰に継承させるかによって
経営者としての器量が試されます。

人は必ず年をとります。いつの日か会社の経営を後継者にバトンタッチする日がやってきます。
経営者としての、最後の大きな仕事です。そして現経営者しか出来ない仕事でもあります。

事業承継は、自らが築いた事業を、誰に継承させるかによって経営者としての器量が試されます。
ただ『後は頼む』という引継ぎとは違い、経営理念、事業に必要な知識や技術、人脈も重要な承継の項目です。

承継のその日まで、具体的な計画を立て、実行することが成功の近道です。それにより、事業の将来も大きく変わる可能性があります。
現経営者にとって、最後の一大イベントです。後継者候補が「遺志」を継ぎ、実績を重ねて、周囲も後継者として自然に認めてゆく協力関係を築きましょう。

事業承継の具体的な手順