キーワードから検索

 

 メリットデメリット
親族への承継
  • 関係者から心情的に受け入れられやすい
  • 相続による「財産権」の継承となり、コストが少なくすむ
  • 「財産権」と「経営権」の分離を回避できる可能性が高い
  • 経営者としての資質や意欲がない親族を後継者にしてしまうことがある (親族に優秀な後継者がいるとは限らない)
  • 相続人同士の対立により、後継者の決定や経営権の集中が難しい
従業員等への承継
  • 従業員・同業他社や異業種からのヘッドハンティングなどにより後継者候補を広く求めることが出来る
  • 従業員(役員含む)の承継は、従業員の安心感や経営の一体感を得やすい
  • 承継する会社株式取得などの資金力不足
  • 個人債務保証の引継ぎができない可能性
  • 銀行からの理解が得られにくい
M&A
  • 広範囲に適格な会社を求めることが出来る
  • 会社売却の利益によりを獲得できる可能性がある
  • 労働条件が今よりよくなる可能性がある
  • 従業員の雇用・買取価格など希望条件を満たす会社を見つけることが困難
  • 現役員解任の可能性がある
  • 仲介会社への報酬負担