キーワードから検索

相続対策は、お客さまの「人生の決算書」です。
トラブルを未然に防ぎ、スムーズな相続を可能にする
早い段階からの準備に向けて多様な視点でアドバイスいたします。

相続対策とは、人生の決算書といっていいと思います。きちんとした人生を歩んできた方の晩節を汚したくないという強い想いが私にはあり、遺言や税金の対策など生前の準備としてできることはすべて行って、トラブルを防ぐことが当センターの機能として一番大きいと考えています。これまでの人生を振り返り、必要な対策を練りながらご自身を見つめ直す手助けもできますし、いかに早い段階から対策を打つかを多様な視点からアドバイスできる体制は、どこにも負けないはずだと自負しています。

 

事業承継に関するご相談にも力を入れていますが、日本の企業の約98%は中小企業で、株は社長と妻子などが持っているため、結局は家族の問題になります。経営者の多くは、会社のことは考えていても、家族の資産や後継者のことは置き去りにしがちです。守るべきものを守ることは、経営者にとって最大の責務といえます。問題が発生してからでは手立てが限られますし、それに伴って困る人もトラブルも増えてきます。現経営者である親の世代、後継者となる子の世代、どちらに対しても会社や家族全体の最適を考えた客観的なアドバイスができますので、少しでもチャンスがあれば声かけをして事前の準備に対する意識づくりを強く訴えています。

 

スムーズな相続対策に必要なのは、事前に見たくないものを直視する勇気です。先を見据えて、想定される悪いことを最初につぶしておくことに尽きるのではないかと思います。預金がある、自宅を持っている、あるいは疎遠なきょうだいがいる。そうしたすべてが相続に関わってきますから、誰にも必ず一つは当てはまります。兆候は必ずあるので、そこに早くに気づき、問題を一つでもなくしていくことが大切です。そのために、当センターではパンフレットで相続対策の事例を紹介するなどさまざまな啓蒙活動を重視しています。

少しでも気になることがあれば、お気軽に当センターをお訪ねください。

 

常務理事 成田幹

 

所属:

一般社団法人 日本相続知財センター札幌 http://www.yukari.co.jp

 

資格:

行政書士

 

略歴:

昭和49年7月12生まれ

北見市出身・札幌市育ち 札幌西高校~早稲田大学商学部卒業

 

平成17年株式会社リクルート入社
平成24年行政書士登録
(社)相続手続支援センター札幌入社
平成26年(社)相続手続支援センター札幌 常務理事就任
平成28年一般社団法人 日本相続知財センター札幌に名称変更

 

 

 

趣味:

テニス・ギター・子育て